第19回長岡インディーズムービーコンペティション応募要項

第19回長岡インディーズムービーコンペティション

あなたにとって映画とは何か。
あなたの映画をお待ちしております。
今年も長岡から映画人、発信。

第22回ながおか映画祭
2017年9月15日(金)~17日(日)長岡リリックホール

作品募集締め切り 2017年7月18日(火)当日消印有効

1 応募規定
●作品製作年は2015年1月1日以降に製作された作品に限ります。
●時間制限は30分以内とさせていただきます。
●審査はDVDで行いますのでDVDで応募してください。本年より2枚同封願います。また、作品は返却いたしませんのでコピー版でご応募ください。尚、応募された作品は日本映画研究のため公立大学法人長岡造形大学ビューラ・ヨールグ研究室に移譲し保存されます。
●他者の著作物(音楽・映像等)を使用する際は、事前に許可を得た上でご応募ください。許可を得ていない場合は審査対象外となります。

2 募集期間
2017年5月15日(月)~7月18日(火)まで。当日消印有効。

3 応募方法
●下記応募事項を明記の上、出品料を同封して作品とともに提出してください。
●出品料は1作品あたり1,000円です。郵便窓口にて出品料1,000円分の定額小為替を購入して同封してください。

4 審査方法
●審査はコミュニティシネマ長岡インディーズムービー審査委員会があたり、作品を選定します。
審査結果については先ず公式サイトにて発表いたします。最終審査は8月中に予定しております。
●グランプリ等作品は第22回ながおか映画祭プログラム等の中で上映いたします。
●応募者の方全員を映画祭に3日間ご招待いたします。(交通費、宿泊費等は各自でお願いします。チケットのみのプレゼントとなります。)審査結果と共にお送りします。

5 応募先
〒940-0066  新潟県長岡市東坂之上町2ー3-3  雑本堂古書店内
コミュニティシネマ長岡 ながおか映画祭 作品応募係り宛

6 お問合せ
コミュニティシネマ長岡  ながおか映画祭 作品応募係り
TEL 090-9639-6855(関矢)
又は、雑本堂古書店 0258-37-3512(矢尾板)
MAIL cc.nagaoka@gmail.com

件名を「作品応募について」としてください。※お急ぎの場合は関矢まで電話願います。

公式サイトhttp://nagaokafilmfes.jpn.org/

————-

こちらを記入した紙を応募用紙として作品といっしょに送ってください。

●第19回長岡インディーズムービーコンペティション応募事項●

■ 題名
■ 製作年 年 月
■ 作品時間 分
■ 作者名
■ 性別 □男 □女
■ 年齢   才
■ 職業(学校名)
■ スタッフ・キャスト
■ 住所 〒
■ 電話(携帯電話)
■ E-mail
■ その他(例:作者と応募者が違う場合等お書きください。)
■ 作品解説


19th NAGAOKA INDIES MOVIE COMPETITION

22nd Nagaoka Film Festival
September 15. (FRI) – 17. (Sun) , 2017
Nagaoka Lyric Hall

6 years and two months since the Tohoku earthquake.
What does it mean to your movies.
We are waiting for your movies.
This year as well: to all the movie lovers, sent from Nagaoka.

Application deadline is July 18, 2017 (postmark stamp)

*No scholarship should be awarded to any competitors of this competition.

Organisator:Community Cinema Nagaoka
19th Nagaoka Indies Movie Competition Application
22nd Nagaoka Film Festival
September 15 (Fri) – 17 (Sun) 2017

1.Application Rules

-The year of completion of the movie work has to be after January 1st 2015.
-The movie’s duration must not exceed 30 minutes.
-A viewing copy of the movie in form of a Video-DVD has to be provided for
the jury. 2 copies should be provided. This copy will not be returned after
the selection process, but archived at Buhler’s laboratory of the Nagaoka
Institute of Design for further research of Japanese movie culture.
-All the necessary permissions of possible right-holders (e.g. music,
pictures or else) regarding public screening has to be obtained by the
applicant before the application. The work lacked necessary permission shall
be excluded from the selection process.
– 2 copies of DVD of applicant work should be provided.

2.Application Period
–May 15 to July 18, 2017 (postmark stamp)

3.Application Process
-Fill out the application form below、and send it together with the 2 copies
of DVD of your movie and the application fee cheque.
-The application fee amounts to \1000 for each movie. Please pay the
application fee at a post counter (postal money order) and send the post
office cheque (定額小為替) together with your application documents.
However, applications from outside Japan are free of charge.

4.Jury Selection Process
-The Indies Movie Competition Comission of the Community Cinema Nagaoka
selects the price-winning works.
-The prize-winning works will be announced at official site initially. The
final selection will be held in August.
-The “Grand Prix” work will be screened with other selected works at the
22nd Nagaoka Film Festival.
-All applicants are invited to the film festival for all three days. This
covers the tickets for the screenings, but travel expenses and lodging
expenses, etc. will be on the participants own expenses. The invitation will
be sent to the applicants together with the jury results.

5.Application Address

〒940-0066
新潟県長岡市東坂之上町2-3-3 雑本堂古書店内

コミュニティシネマ長岡 ながおか映画祭 作品応募係り宛

Community Cinema Nagaoka
Indies Movie Competition

Zappondo Koshotennai
Higashi Sakanoue-machi 2-3-3
Nagaoka 940-0066
Niigata-ken,Japan

6.Enquiries
Community Cinema Nagaoka
+8190-9639-6855(Sekiya) or +81258-37-3512(Yaoita)
cc.nagaoka@gmail.com

http://nagaokafilmfes.jpn.org/

———————- application form ———————-

Please send this form together with your DVD to the address above.

#19th NAGAOKA INDIES MOVIE COMPETITION

-Movie Title
-Production Date(month/year)
-Duration (minutes)
-Name of Filmmaker
-Sex _male _female
-Age ___years old
-Occupation (or name of education institution)
-Staff, Cast
-Address
-Telefon Number
-Mail Address
-Other (e.g. if the applicant is different from the filmmaker)
-Movie Description
スポンサーサイト

映画祭 第2回ミーティング

お世話になります。
第22回ながおか映画祭 第2回ミーティングを5月17日(水)アオーレ長岡3階市民協働ロビーにて
19時~21時に行います。
映画祭に興味がある方どうぞお越し下さい。
よろしくお願いします。
関矢

第1回佐世保TANPEN映画祭

下記の通り短編映画の募集がありますので興味がある方はどうぞご覧ください。
ご確認の上どうぞ。(関矢)

2017年10月10日に渋谷・伝承ホールにて開催予定の
「第1回佐世保TANPEN映画祭
in渋谷
」実行委員、ルセロの木島康博と申します。
現在
当日の上映させていただく短編映画の募集を開始しております。

[作品エントリー概要]
http://eizousya.co.jp/tanpen/entry.html

エントリーしていただいた作品の中から10作品を選考させていただき、
10月10日当日に上映させていただく予定です。


また本映画祭に俳優であり渋谷区観光協会の名誉理事長も務められている
別所哲也さんが主宰する「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」
様が
特別サポーターになっていただき、
その別所哲也さんには、
本映画祭の審査員をしていただくことも決定致しました。
※審査
員は、複数人になります。決まり次第、順次発表させていただきます。


ちなみに、別所哲也さん主宰の


ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」は、 今年で19回目。米国アカデミー賞公認の国際短編映画

祭です。
略称:「SSFF & ASIA 2017」
開催期間:2017年6月1日(木)~2017年6月25日(日)
会場:表参道ヒルズをはじめ東京(5会場)・横浜(1会場)
上映作品:世界100以上の国と地域か

ら集まった
約9,000本の作品の中から、選りすぐりの約250作品

を一挙上映。
そして!今年2017年2月26日:第89回米国アカデミー賞短編実写部門で
「SSFF & ASIA」のグランプリ作品『Sing / 合唱』がオスカー受賞を果たしました!!
「SSFF & ASIA」は、世界的にますます注目さ

れる映画祭となりました。


お知り合いの方にも本案内を是非ご紹介いただければ幸いです。
是非とも作品のご応募、お待ちしております。


[映画祭公式HP]


http://eizousya.co.jp/tanpen/index.html

[映画祭実行委員長]
佐世保映像社 志岐
https://twitter.com/shiki16943189

[映画祭実行委員]
木島 康博 / YASUHIRO KIJIMA
https://www.facebook.com/kijimayasuhiro
https://twitter.com/kijima_yasuhiro
http://lineblog.me/lucero/ 


── Lucero[ルセロ]  ───────────────

 木島 康博 / YASUHIRO KIJIMA
 https://www.facebook.com/kijimayasuhiro
 https://twitter.com/kijima_yasuhiro
 http://lineblog.me/lucero/ 

 〒174-0046 東京都板橋区蓮根1-17-2 (有)蓮根商事内
 TEL: 090-5991-1578 FAX: 03-3967-5991
 Email: kijima.job@gmail.com
──────────────────────────────

NPO法人東京シューレ シューレ大学国際映画祭 公募のお知らせ

NPO法人東京シューレ
シューレ大学国際映画祭実行委員会 様より下記のお知らせが届きましたので
掲載しました。以下抜粋です。(関矢)

新緑がまぶしい季節、いかがお過ごしでしょうか。

私達は国際映画祭を開催して今年で10年になります、NPO法人東京シューレ
シューレ大学国際映画祭実行委員会です。

生きることがより難しくなっているこの社会で、「生きたいように生きる」とい
う趣旨の表現を国内外から集め、上映している映画祭です。

立ち上げからドキュメンタリーの巨匠・原一男監督に関わっていただいており、
「映画作家の登竜門的映画祭」と言っていただいております。

現在、2017年8月に開催する第10回国際映画祭の上映作品を公募しており、その
〆切が5月31日(水)と、あと1ヶ月超に迫りました。

そこで、本映画祭の趣旨に通じる映画作品を制作されている(あるいは過去に制
作された)方、またそのような方をご存知の方に、ぜひご応募・周知いただきた
く、ご案内申し上げます。

詳細はこちらのページをご覧ください↓
http://shureuniv.org/blog/2017/02/1796


どうぞよろしくお願い致します。

NPO法人東京シューレ シューレ大学
  国際映画祭実行委員会

「ずっと、いっしょ。」小千谷上映会のお知らせ

作品:「ずっと、いっしょ。」(「うまれる」シリーズ第2作)
日時:4月23日(日)①午前10時~②午後1時~③午後4時~(※1回目は未就学児同伴優先の「ママさんタイム」)
会場:小千谷市民会館大ホール
主催:良い映画を見る小千谷市民の会
共催:小千谷市教育委員会
料金:一般¥1,000 高校生以下¥500 未就学児無料
事前申し込み不要。お気軽にご来場ください。
以上 フェイスブックより
ご確認の上お出かけください。(関矢)
プロフィール

コミュニティシネマ長岡

Author:コミュニティシネマ長岡
新潟県長岡市にて《ながおか映画祭》と《長岡インディーズムービーコンペティション》を主催しているコミュニティシネマ長岡のスタッフブログです。

ながおか映画祭公式HP
http://nagaokafilmfes.jpn.org/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター