スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリ地獄のような街 (2009年、バングラデシュ)

The_Whirlpool.jpg

Je Shohor Chorabali (The Whirlpool, 2009)
IMDB: Not listed
Running time: 79 min
Genres: Drama
Country: Bangladesh
Language: Bengali
Director: Shubhashish Roy
Producers : Ek Mattra

新潟県長岡市には
米百俵財団が主催する
「米百俵賞」という賞があります。

山本有三による戯曲『米百俵』で
知られるようになった
戊辰戦争時の逸話とその精神を
現在に継承していこうとする企画です。

平成9年以降、長岡市と接点を持ち
人材育成と教育振興に貢献のあった
個人/団体に授与されるものですが
今年度の第16回は
バングラディシュに拠点を置く
「シルパカラ・アカデミー劇団」が受賞しています。

ドナルド・キーン氏が英語訳した
『米百俵』をベンガル語に移し変え
首都ダッカを含め10以上の町で
公演を行ってきた貢献が評価されたものです。

長岡からバングラデシュへ。
バングラデシュから長岡へ。

海を越えた文化交流を
象徴するかのように
今年度のながおか映画祭では
ドキュメンタリータッチの長編映画
『アリ地獄のような街』上映が予定されています。

今なお貧富の格差に悩む
ダッカの周辺、
不法薬物、売春、暴力が支配している
都市の闇に染められていく
子供たち、女性たちの物語が
リアルに描かれていく一作。

映画の最後、クレーン移動でカメラが
すっと引いていくとスラム街のはるか先に
整えられた波打ち際の美しい町が
広がっていたります。

第17回ながおか映画祭
~アジアからつながる。We Love 映画~

『アリ地獄のような街』
上映日
   9月19日(水)14:00~15:30 映画上映(79分)
                +映画解説(10分、上映前)

問合せ 0258-33-1231
スポンサーサイト

鐘楼のふたり (2012年、日本)

SoF.jpg

Shôrô no futari (2012)
IMDB: http://www.imdb.com/title/tt2399555/
Running time: 42 min
Genres: Short / Drama
Country: Japan
Language: Japanese
Director: Toshihiro Goto (http://www.imdb.com/name/nm3551258/)
Writer: Tadashi Yoshida
Stars: Mayu Sakuma, Takahiro Sato and Moro Shioka

森・樹海、は
すぐれて21世紀的な映画主題の一つです。
2009年のタイ映画『ニンフ』
(ペンエーグ・ラッタナルアーン監督)は
森の妖気がそのまま女の怨念と交わり
主人公の男性カメラマンを呑みこんでいく鬼気迫る一作でした。

日本に目を転じてみると、
たとえば河瀨直美監督の描く
森の神秘性は高く評価されています。
以前にカンヌ映画祭に招待された際、
河瀬監督にフランス人記者が
森や山について質問を浴びせかけていたのも
納得といったところでしょうか。

今年ながおか映画祭で上映される
五藤利弘監督の『鐘楼のふたり』でも
河口湖畔の樹海が
単なる舞台、単なる書割の背景という以上の
重要な役割を果たし
主人公のカップル(佐久間麻由/佐藤貴広)と
初老の男性(モロ師岡)の人生を結び付けていきます。

ながおか映画祭では
主役の一人、モロ師岡さんと
監督五藤利弘さんをゲストに迎え、
映画上映後に小林三四郎氏(太秦株式会社代表)の司会で
50分ほどのトークショーを予定しております。

9月23日の日曜日、お時間がございましたら
たくさんの方々のご来場を心よりお待ちしています。

第17回ながおか映画祭
~アジアからつながる。We Love 映画~

『鐘楼のふたり』
上映日
     9月23日(日)16:00~17:30 映画上映(42分)
                          トークショー:モロ師岡、五藤利弘
                          (司会:小林三四郎、50分)
問合せ 0258-33-1231

『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』 (2010年、中国/香港)

Dee02
(c) 2010 Huayi Brothers Media Corporation Huayi Brothers International Ltd. All Rights Reserved.

Detective Dee: Mystery of the Phantom Flame
(Di Renjie zhi tongtian diguo, 2010)
IMDB: http://www.imdb.com/title/tt1123373/
Running time: 123 min
Country: China | Hong Kong
Language: Mandarin
Official Site : http://dee.ent.sina.com.cn/
Director: Tsui Hark
Cast: Andy Lau, Li Bing Bing, Carina Lau and Leung Ka Fai

だいぶ以前ですが
ツイ・ハーク監督の珍しい初期作
『蝶變』(蝶変、1979年)と『地獄無門』(カニバル・カンフー 燃えよ!食人拳、1980年)の2本を観る機会がありました。
いま一度調べてみると
ツイ・ハークがまだ20代の頃に
製作された作品です。

正直それほど期待して観た訳ではないのですが
「ツイ・ハーク・タッチ」の片鱗は
すでにこの段階から
チラホラと現れており、
謎の島にまぎれこんだ主人公たちが
グロテスクな面をかぶった食人族たちと
コミカルな死闘を繰り返す『地獄無門』には
唸らされた覚えがあります。

香港ニューウェーブの旗手として
80年代以降を支え(『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』)、
ハリウッドに移ってからは確実に下降線をたどり
「あの人は今?」の常連になりかけていた
2010年にいきなり放った
起死回生の一作が
『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』でした。

全体に美しいCGを多用。
炎、風、岩、花、頭髪といった
諸々が怪しげな光を放ち
観衆を驚きの世界に誘っていく。

あちこちにエグみをちりばめ、
お得意のワイヤ-アクションの速度感が
息切れすることなくエンディングまで続いていきます。
アクション監督として参加した
サモ・ハン・キンポーの手腕も光る快作です。

第17回ながおか映画祭
~アジアからつながる。We Love 映画~

『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』
上映日
  9月17日(月)16:00~18:15 映画上映(123分)
          +留学生の皆さんによる母国紹介(10分、上映前)

問合せ 0258-33-1231

『ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡~』(2010年、フランス)



Benda Bilili! (2010)
IMDB: http://www.imdb.com/title/tt1625857/
Running time: 87 min
Genres: Documentary / Music
Country: France
Language: Lingala / French
Director: Renaud Barret, Florent de La Tullaye
Stars: Leon Likabu, Roger Landu and Coco Ngambali


2010年に来日公演も実現した
コンゴのストリートミュージシャン集団、
スタッフ・ベンダ・ビリリを
一躍世界中で有名にしたドキュメンタリー映画。

コンゴの首都キンシャサの動物園を拠点に
演奏活動を続けているスタッフ・ベンダ・ビリリ。
その中心となっているのは
小児まひによって車椅子での生活を送る
数人の年配ミュージシャン。

彼らが引き取り、面倒を見ている
両親を失ったストリートチルドレンが加わり、
ルンバ、ブルース、レゲエに根づきながらも
他にない独特の音楽が生まれてきます。
ロジェ少年が手にする
自作の一弦弦楽器サトンゲ、
しなやかなパーカッションの響きが
映画を軽やかに進めていきます。

大統領モブツによる独裁政権の下
一時期は動物園に市民たちが押し寄せ、
動物たちは食用に殺されていったそうです。
明るい日差しの中
今は穏やかに人々が行き来する
風景の先、音楽の先、映像の先に
歴史の混沌、そして
たくましい生への意志が渦巻いています。

第17回ながおか映画祭
~アジアからつながる。We Love 映画~

『ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡~』
上映日
9月22日(土・祝)9:10~11:10 映画上映(87分)
      +長岡市国際交流センター「地球広場」センター長
       羽賀友信氏による市民講座(30分)
問合せ 0258-33-1231

『鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言』 (日本)

宮大工棟梁 西岡常一の想い出
 
 棟梁が亡くなって十二年になる。もはや過去の人であり伝説の人である。ふつうなら忘れ去られても不思議ではない。が『鬼に訊け』は全国で異常とも思える動員を記録した。「千年、千五百年の木を使わせてもらうのです。その木の癖を組んで堂や塔を組上げてゆく。それが宮大工の仕事です」「風雪に耐えて立つ。それが建築本来の姿やないですか」「今の人はすぐ金勘定をします。そうやなしにホンマの仕事をやれと。これ以上できんぐらいの仕事をやれと」。言葉のひとつひとつが今でも鮮明によみがえる。

 劇場に詰めかけた人は、愚直なまでに木のいのちを活かすことに生涯をかけた棟梁の生きざまに心揺すぶられたに違いない。東北を襲った大津波、原発事故、この教訓を生かそうとしない日本政府にノー!と異議を唱える人々に支えられて上映は成功したのだと思う。宮大工棟梁ではなく日本の棟梁になってほしい……と。
[山崎 佑次監督]


監督プロフィール
1942年、大阪生まれ。早稲田大学中退。大島渚プロダクション、岩波映画を経て、大阪にてサンクラフト設立。映像作品に『西岡常一社寺建築講座』『瀬戸内寂聴雪月花』など、著作に『宮大工西岡常一の遺言』『李朝白磁のふるさとを歩く』など。

第17回ながおか映画祭
~アジアからつながる。We Love 映画~

『鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言』
上映日
9月18日(火)11:00~12:30 映画上映のみ
9月22日(土・祝)16:40~18:40 映画上映と山崎佑次監督トーク(30分)
問合せ 0258-33-1231

プロフィール

コミュニティシネマ長岡

Author:コミュニティシネマ長岡
新潟県長岡市にて《ながおか映画祭》と《長岡インディーズムービーコンペティション》を主催しているコミュニティシネマ長岡のスタッフブログです。

ながおか映画祭公式HP
http://nagaokafilmfes.jpn.org/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。