スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回伊参スタジオ映画祭 開催

11月23日(土・祝)~24日(日)いよいよ映画祭が開催されます。迷っている方、初めてきいた方是非どうぞ。群馬県の中之条町にて開催です。
関矢
スポンサーサイト

疎開した40万冊の図書 フィリピン台風被災者募金のご報告

フィリピン台風被災者募金のご報告
上映会に伴い、受付カウンター脇に設置しまし『フィリピン台風被災者募金』へは、¥2,341-の募金が寄せられました。
本日、『国際復興支援チーム中越』に全額寄付させていただきました。
ご協力感謝します。
『国際復興支援チーム中越』の、本日(11月20日)の会議の様子はこちらから↓
https://www.facebook.com/events/1416865368545426/
本格的な活動は、これからです。
以上 担当より
皆様ありがとうございました。
関矢

御礼 「疎開した40万冊の図書」上映会

昨日は映画「疎開した40万冊の図書」上映会にお越しくださいまして誠にありがとうございます。平日で足元の悪い中たくさんの皆様にお集まりいただきいっしょにこの映画を観ることができました。ありがとうございました。(スタッフ一同)

疎開した40万冊の図書 上映会 当日券あります

11月15日(金)上映の「疎開した40万冊の図書」について
当日券は午後の部、夜の部共に販売いたします。一般1,300円です。高校生以下、他は800円です。
満員でなければお手持ちのチケットで午後の部か夜の部のどちらかご入場いただけます。(満員の場合はお手持ちのチケットの部でご鑑賞ください。いまのところ満員にはならないと思います。)
ご来場をお待ちしております。
電話 090-9639-6855 (関矢)

前売券絶賛発売中 疎開した40万冊の図書

疎開した40万冊の図書上映会を11月15日(金)長岡リリックホールにて開催します。
①14:00~ 、②18:30~どちらもトークがあります。
メインゲストは阿刀田高(作家)さんです。一般前売り1000円です。プレイガイドで絶賛発売中。
プレイガイド 文信堂長岡店、イオン長岡店、パルス、長信酒店、西時計店、ラ・ボントーン、リリックホール、市立劇場、雑本堂古書店、アオーレ3F市民協働センター、シネウインド、でくのぼう、長岡舞台芸術愛好会、他
問合せ 090-9639-6855(関矢)

疎開した40万冊の図書 今週金曜日上映

疎開した40万冊の図書上映会を11月15日(金)長岡リリックホールにて開催します。
①14:00~ 、②18:30~どちらもトークがあります。
メインゲストは阿刀田高(作家)さんです。一般前売り1000円です。プレイガイドで絶賛発売中。
プレイガイド 文信堂長岡店、イオン長岡店、パルス、長信酒店、西時計店、ラ・ボントーン、リリックホール、市立劇場、雑本堂古書店、アオーレ3F市民協働センター、シネウインド、他
問合せ 090-9639-6855(関矢)

ポン・ジュノ監督のコメント 戦争と一人の女

ポン・ジュノ監督のコメント全文です。少し長いですが、最後までお読み下さい。

冒頭のシーンから印象的です。主人公の男が病院から出てくるとき…病院を背にして歩いてくる男の黒い顔は、顔が見えないその黒い姿は、まるで黒い幽霊が病院から出てくるような印象です。この男には片腕がありません。戦争で腕を失くし…。次のシーンで女性主人公が登場します…タバコを吸っている…この女性には腕がありますが、感覚を、喜びと快楽を失った女です…不感症の女。そしてこの女性がついていく小説家は…小説が書けずにいる小説家です。人物がみな不具、または欠乏の状態から始まるこの映画は、日本の戦中、戦後に日本人が陥っていた精神的な恐慌、または日本人のメンタリティーそのものを赤裸々に見せている映画だと思います。
普通、このようなタイプの映画には、ある象徴やメタファーに閉ざされてしまいがちな危険性が伴いますが、この映画は手持ちカメラによる独特なカメラワークと、ズームイン、ズームアウトのような奇妙な躍動感を与えているカメラの美学によって不思議な現在性を帯びています。セクシャリティと戦争、または権力の関係から政治的、歴史的なテーマを描く映画は多くありましたが、この作品にはそれらと違う雰囲気と空気があります。監督の演出による非常に微妙な「現在化した空気」のようなものが存在しています。同時に、この作品は大変勇敢な映画です。戦犯国家における一個人や被害者を通じて、「私たちも同じく戦争の被害者でした」というような嘆きや言い訳を語るのではなく…そうかといって、単純に無気力な自己幻滅と自己蔑視を通じて自虐に徹する映画でもありません。歴史を遡って言うべきことを伝える、メッセージを投げかける映画です。腹がすわった、勇気のある映画。
男の主人公がカメラの正面を見据えて「天皇陛下の命令により強盗と、強姦と、殺人を犯しました」と、カメラを凝視して語るシーンがあります。韓国やアジアのすべての国々、第二次大戦や太平洋戦争の被害者であった多くの国々で、この映画を必ず観なければならない理由があると思います。真に良識のある…まだ生きている日本の知性の面貌を見せてくれる映画だと思います。特に、日本の右傾化が懸念されている昨今の時流の中、このような映画が作られたということに、心から拍手を送りたいです。
『ディアハンター』のような映画があります。その中でロバート・デ・ニーロ、メリル・ストリープ、クリストファー・ウォーケンが演じる登場人物たちの物語を観ていると、とても悲しく、悲劇的です。そのような悲しみと悲劇性に深く共感しながらも、いざ一歩引いて映画を観ると、アメリカがベトナム戦争に対してこのような作品を作ったということについて、「ディアハンター」をベトナムの人々が観たならばどのような気分になるだろうか?そんなことを想像すると、何かすっきりしない、もやもやしたものが残ります。
また、ケースは違いますが、私が尊敬するアニメーション監督、高畑勲の「火垂るの墓」も本当に美しいアニメーションで、戦時中に飢えで死んでいく少女の姿に号泣しない人はどこにもいないと思います。しかし、そのような戦争の責任が誰にあるのか、そのような歴史的な責任と集団的責任は誰にあるのかを正面から見据えて問いかけた映画は、おそらくこの映画が初めてではないでしょうか。
大島渚や若松孝ニのように挑発的で政治的なメッセージを投げかけてきた日本の監督たちをこれまでリスペクトしてきましたが、その流れをくむ生きた知性の作品が誕生したと思います。俳優の演技もみなさん素晴らしく…勇敢で素晴らしい演技でした。特に、体当たりで演じられた女性主人公、江口のりこさんの熱演も忘れることができません。特に、まるで花火のように空襲の火花が飛んだとき、初めて少女のように満面の笑顔で空を見上げる表情は忘れられないシーンとなりました。
ありがとうございました。
以上 フェイスブックより
(関矢)

28周年 シネウインド情報

シネ・ウインド 映像と音響の祭典  11月9日(土)~22日(金) 日替わり上映 ※11/17(日)休映

〈上映作品〉

「悪いやつら」

「太陽を盗んだ男」

「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」

「kocorono」



料金:通常上映と同じ。

大人1800円 高校生以上の学生1500円 シニア(60歳以上)1000円

障害者手帳をお持ちの方&介助の方(一人まで) 各1000円

3歳以上、中学生以下1000円

シネ・ウインド会員 1000円 学生・シニア会員800円 会員の子ども500円

※シネ・ウインド会員券・招待券・回数券・会員割引もご利用いただけます。

主催・問合先:シネ・ウインド025-243-5530

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

にいがた国際映画祭特別企画 韓国映画祭2013

11月10日(土)~22日(金) 日替わり上映 ※11/17(日)休映

〈上映作品〉「ハナ 奇跡の46日間」

「風と共に去りぬ!?」

「ザ・タワー 超高層ビル大火災」

「ある女学生の日記」(北朝鮮映画)

料金:前売1000円 当日1200円

※シネ・ウインド会員券・招待券・回数券・会員割引 使用不可

主催・問合先:にいがた国際映画祭実行委員会080-3312-8699

ホムページより転載 ご確認の上お出かけください。
(関矢)

疎開した40万冊の図書 チケット発売中

疎開した40万冊の図書上映会を11月15日(金)長岡リリックホールにて開催します。
①14:00~ 、②18:30~どちらもトークがあります。
メインゲストは阿刀田高(作家)さんです。一般前売り1000円です。プレイガイドで絶賛発売中。
プレイガイド 文信堂長岡店、イオン長岡店、パルス、長信酒店、西時計店、ラ・ボントーン、リリックホール、市立劇場、雑本堂古書店、アオーレ3F市民協働センター、シネウインド、他
問合せ 090-9639-6855(関矢)
※ボランティア募集中

映画ファンサービスデー シネウインド

映画ファンサービスデーです。 http://t.co/Ih9Nk2Efjv
上映作品は「クロワッサンで朝食を」、「コッホ先生と僕らの革命」、「東ベルリンから来た女」、「マルタ」、「百年の時計」です。ご来館お待ちしております。
フェイスブックより
ご確認のうえお出かけください
(関矢)
プロフィール

コミュニティシネマ長岡

Author:コミュニティシネマ長岡
新潟県長岡市にて《ながおか映画祭》と《長岡インディーズムービーコンペティション》を主催しているコミュニティシネマ長岡のスタッフブログです。

ながおか映画祭公式HP
http://nagaokafilmfes.jpn.org/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。