スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画祭にお越し下さった方、ご協力いただきました方無事に終了いたしました。ありがとうございました。
第22回ながおか映画祭 2017.9.15(金)~9.17(日) 開催予定
スポンサーサイト

ご来場お待ちしております。

いよいよ、第21回ながおか映画祭が開催されます。2016年9月17日(土)~19日(月・祝)の3日間です。
前売券は公共施設のプレイガイド以外は期間中も販売しています。また、今年より入場がフリー券と1回券で別々になりますので
待たずに早く入りたい方はフリー券をご購入下さい。当日会場でも3,500円で販売しています。尚、高校生以上、障がい・療育手帳をお持ちの方、他は当日でも1回券500円です。一般は当日1回券1,200円です。中学生以下は無料です。当日券売り場で無料券をもらって下さい。そして、避難者・被災者の方も無料ですので同じく売り場にお越しください。
9月18日(日)夜の公式パーティー、19日(月・祝)交流会につきましては会場にてスタッフにお問い合わせください。会費制です。少しでも手伝っていただけるとスムーズに参加できます。インディーズ上映と授賞式は9人の監督と役者も数名参加いたします。インディーズ応募者の皆様へ連休でお忙しいとは存じますがお時間作れましたら是非お越しください。その時はスタッフにお声掛けください。次回更新は映画祭が終了後になりますので最新情報は公式HP等でご確認ください。
それでは会場でお待ちしております。
問合せは  事務局 雑本堂古書店 矢尾板 0258-37-3512
        関矢 090-9639-6855(出れない時は折り返し電話いたします。)

「デイ・ドリーム」 準グランプリ 受賞コメント

佐藤安稀監督より受賞のコメントが届きました。

この様な賞を頂き大変光栄に思います。
自分の映画を沢山の方に観て頂ける貴重な機会に恵まれ、とても嬉しいです。
映画祭当日を楽しみにしています。

「風の波紋」スタッフ来岡のお知らせ

9月18日(日) 「風の波紋」ながおか映画祭上映に来岡されるスタッフをご紹介いたします。

編集・アソシエイトプロデューサー:秦岳志(はた・たけし)
1973年東京都生まれ。大学在学中よりBOX OFFICEの映像制作部でテレビ番組、映画予告編、イベント映像制作を担当。同社運営のミニシアター「BOX東中野」の運営にもオープン当初より約5年間、中心スタッフとして参加。映像制作のかたわら93年より劇団解体社にて映像・技術監督も務め、その後マネージャーとして多くの海外ツアーを担当。99年フリーランスとなり、現在はドキュメンタリー作品と予告編の編集を中心に活動。編集した主な映画作品に、佐藤真監督『花子』(01)、『阿賀の記憶』(04)、『エドワード・サイード OUT OF PLACE』(05)、ジャン・ユンカーマン監督『チョムスキー9.11 Power and Terror』(02)、小林茂監督『わたしの季節』(04)、『チョコラ!』(08/兼アソシエイトプロデューサー)、畠山容平監督『テレビに挑戦した男・牛山純一』(11)、福間健二監督『わたしたちの夏』(11)、真鍋俊永監督『みんなの学校』(14/編集協力)など。

現場録音:川上拓也(かわかみ・たくや)
1984年北海道生まれ。エンジニア職を退職後、2010年度映画美学校ドキュメンタリーコースを受講。NHKドキュメンタリー番組の編集助手を経た後『風の波紋』に参加。フリーの録音・編集としてドキュメンタリー作品を中心に活動。酒井充子監督『ふたつの祖国、ひとつの愛 イ・ジュンソプの妻』(14)には録音として参加。

プロデューサー:長倉徳生(ながくら・のりお)
1958年東京都生まれ。写真学校を卒業後、フリーカメラマンとして活動。後にアマチュア写真に可能性を感じ、1988年より写真教室の講師を多数経験、現在も継続。96年、佐藤真監督と有限会社カサマフィルムを設立、佐藤監督と共にテレビドキュメンタリーを制作。現在、代表を務める。撮影作品に楠山忠之監督『ひとりひとりの戦場~最後の零戦パイロット』(15)など。

「風の波紋」ファンの方々ご質問等是非お声掛けください。予定が変更になる場合もございますがご容赦願います。
(関矢)

「春を殺して」 座C!nema賞 受賞コメント

森田和樹監督より受賞のコメントが届きました。

「みんなで必死になりながら作りました。評価して頂けて一つ報われ、嬉しく思います。ありがとうございます。」

インディーズ上映作品紹介

弱者よ踊れ  7分33秒 2016年
監督、撮影、編集 安楽涼(職業 役者・PV監督) 
出演 安楽涼、太郎
作品解説
 突如岡山へ逃亡した安楽涼。誰にも理由を言えず逃げ出した3日間の
ポンコツダンス。あの頃描いた未来の今はまるで違った。大事な人にも裏
切られた。孤独と向き合う3日間のセルフドキュメンタリー。僕は人目を気
にして踊り狂う。

デイ・ドリーム 16分 2015年
監督 佐藤安稀(東北芸術工科大学3年) 
出演 土橋京侑 柏倉七海
作品解説
 東北を舞台にした。ある男の年末の物語。震災後の混沌とした現代
日本の姿を描いた。


春を殺して 27分 2016年
監督 森田和樹(職業 警備員)
スタッフ 窪田浩平、貝田祐介、白尾総一朗、中村大樹、木村真人、
      兼村大樹、佐々木里絵、松村浩平、濱崎藍、
出演 roro、村上真衣、時枝奈々、中川亜紀、南有紗、巴山祐樹
作品解説
 クラスに毒ガスを撒きたい女子高生・佐知は、屋上でイジメられっ子の
美香と出会う。そして、一緒に毒ガスを作り始める。

スリッパと真夏の月 30分  2015年
監督・撮影・脚本・編集 木場明義(職業 映像作家) 
助監督・タイトル作成 土井翔史 照明 石尾吉達
出演 斉木りえ 米澤成美 中山雄介 石尾吉達
作品解説
 町の発明家であった亡き父が作った『物質転移装置』を発見
した昌子は、姉の光子と実験をしていたが、機械が故障してしま
い光子が異世界へ消えてしまう。昌子はなんとか光子を自分たち
の世界へ戻そうと奮闘するのだったが・・・。
 異世界に迷い込んだ姉をいかにして救い出すかという物語で
す。SF小説の古典的題材である多元宇宙を取り上げました。
多元宇宙とはこの世界に似たような世界が無限に存在していると
いう学説であり、この物語の主人公は、その無限に存在する、こ
の世界と似て非なる世界に迷い込み、冒険する事により現実と
向き合い、前向きに成長するという物語を分かりやすく、コメディ
ータッチのSFファンタジーとして、ちょっとシュールに描きました。

サヨナラ、いっさい 8分20秒  2015年
監督・撮影・脚本 渡邉高章(職業 会社員) 
音楽 押谷沙樹 タイトル 岡崎絵美 
出演 渡邉帆貴 松井美帆 星能豊
作品解説
 どうやらママは一歳のボクを連れて遠くへ行くらしい。パパと
うまくいってないからだ。新幹線に乗って叔父さんのところで数
日間過ごしたボクは今までの人生を振り返ってみる。
 本作は、イッサイの子どもの成長記録になりますが、イッサイ
の少年の映画でもあります。彼が見つめるイッサイの世界を是非
ともご覧いただければ幸いです。

瓜二つ  14分  2015年
監督 山川智輝 (職業 フリーランス) 
スタッフ 阿部琢也 岩田隼之介 
出演 浜口春樹 山川俊三
作品解説
ある男は倉庫に入り込み、そこで見つけたジャガイモを手に取るのだが・・・。

以下 当日のタイムスケジュールです。
9月19日(月・祝) 17時20分~ 第18回長岡インディーズムービーコンペティション上映と授賞式スケジュールです。
17時20分~ あいさつ(総評)
17時25分~ 春を殺して (27分 ・ 監督:森田和樹) 座C!nema賞受賞
17時55分~ 弱者よ踊れ (8分 ・ 監督:安楽涼) 審査員特別賞受賞
18時05分~ サヨナラ、いっさい (9分 ・ 監督:渡邉高章) 審査員特別賞受賞
18時15分~ 瓜二つ  (14分 ・ 監督:山川智輝) 監督賞受賞
18時30分~ デイ・ドリーム  (16分 ・ 監督:佐藤安稀) 準グランプリ受賞
18時47分~ スリッパと真夏の月  (30分 ・ 監督:木場明) 準グランプリ受賞
※上映時間は多少前後する場合もありますので余裕を持って御着席願います。休憩はありません。お子様でもご覧いただける内容です。
引続き授賞式 19時17分~     
賞状授与  
準グランプリ  スリッパと真夏の月  監督:木場明義 様
準グランプリ  デイ・ドリーム      監督:佐藤安稀 様
監督賞      瓜二つ          監督:山川智輝 様
審査員特別賞 サヨナラ、いっさい   監督:渡邉高章 様
審査員特別賞 弱者よ踊れ       監督:安楽涼   様
座C!nema賞  春を殺して        監督:森田和樹 様
奨励賞     ヤクダケどんど     監督:西条由宇 様
撮影賞     寺田緑郎(JSC)    田吾作どんのいる村 監督:猪浦直樹 様
(司会が上記の順番で全員のお名前を呼びますので会場からステージにお上がりください。スタッフ、俳優の方もいっしょにどうぞ。)
受賞者コメント 順番に一言づつお願いいたします。
ゲスト 評
記念写真
19時40分 終了予定  
20時過ぎより 別会場にて交流会(有料)があります。詳しくはお問い合わせください。
(関矢)

「サヨナラ、いっさい」 審査員特別賞 受賞コメント

「サヨナラ、いっさい」で審査員特別賞を受賞しました渡邉高章監督よりコメントが届きました。                
『この度は審査員特別賞という大変名誉ある賞をいただき誠にありがとうございます。昨年の「多摩川サンセット」準グランプリに続いての受賞なので、キャストスタッフ一同大変喜んでおります。
本作「サヨナラ、いっさい」は、一歳の我が子を主役にしています。正直なところ、日々仕事や育児に追われながら映像製作を続けることはなかなか困難なことです。しかし、日々私は子どもに気付かされていて、そのことが原動力にもなっています。今回子どもと見つけた幾つかの"発見"を小さな"映画"にしました。イッサイのボクが見つめるイッサイの世界をどうぞご覧いただければ幸いです。最後に、いつも助けてくれる家族と仲間に感謝して。』
渡邉高章

映画「花火」 追加ゲスト

9月19日(月・祝)11時50分~「花火」
俳優の大滝明利さんも当日いらっしゃる事になりました。
(関矢)

9月18日(日)「風の波紋」トークタイムスケジュール

9月18日(日)
16時10分~「風の波紋」上映  
17時49分~ 対談1 大森一樹さん 小林茂監督
18時05分~ 対談2 林海象さん  小林茂監督
18時20分~ 鼎談  小森はるかさん、瀬尾夏美さん、
            小林茂監督
18時30分~ お待ちかね冥土連、映画スタッフ等登場!
        冥土連 平岩氏が「阿賀に生きる」ラッシュフィ
        ルムを持参します。上映もございます。
        終了の19時まで小林茂監督の司会で、思う存分
        語っていただきます。
これまでなかった切り口でさらに深く映画「風の波紋」をご体感ください。
(関矢)

「風の波紋」を初めてお知りになった方へ

「風の波紋」を初めてお知りになった方へ
○ 趣旨・目的
過疎化や高齢化などの問題を抱える新潟県の豪雪地帯に暮らしてきた人々や、そこに移住した人々の生活を通して、苦悩しながらも、人間がお互い助け合いながら自然と相対して醸し出される「喜び」や「精気」を淡々と描いてみたい。「人間力」のすばらしさを伝え、農山村の生活や生き方、自然とつきあうことに関心を持ってもらいたい。
○ 内容の概略
長野県境に近い新潟県の豪雪地帯の山村が舞台。10年前に古民家へ移住した木暮茂夫・孝恵子さん夫妻は茅葺の家を直し、有機無農薬で米を作り生活してきた。木暮さんを中心に、昔からそこで生きてきた村人の生活や自然、多くの仲間たちの助け合いが描かれる。そこに2011年3月12日の新潟・長野県境地震が発生。取り壊される古民家。移転する人々。木暮さんの家も全壊するが、再建を決意する。毎年の農作業も始まった。

私は2002年に脳梗塞で倒れ、病気を抱えながら、重症心身障害児(者)施設「びわこ学園」のドキュメンタリー映画「わたしの季節」(2004年、監督:小林茂)を完成させることができました。その後、体調が悪化し、腎不全となりました。
その体調を抱えながら取材したアフリカ・ケニアのストリートチルドレンの生き様や思春期を描いたドキュメンタリー映画「チョコラ!」(2008年、カサマフィルム、監督:小林茂)の製作途中から、人工透析治療となりました。
また、映画「阿賀に生きる」「阿賀の記憶」(監督:佐藤真、撮影:小林茂)を共に作ってきた畏友、佐藤真監督が2007年に急逝し、私は心に深い喪失感を抱くようになりました。  
このような状況で、私は映画制作をなかばあきらめておりました。
松之山や津南地域には友人が多いのですが、そこに10年前から東京の友人、木暮茂夫さんが移住し、茅葺の古民家を修繕しながら、有機無農薬農業をやり、暮らしておりました。
あるとき、松之山を訪ねたときに、友人らが集まってくれ、交流のひと時を持ちました。
その翌日の早朝、夜露に夏の日差しが反射して、草木はきらきらと輝いていました。
 私はその瞬間、ある啓示のように、「映画を作ってみたい」とひらめきました。この友人たちを撮りながら、山村に生まれた私の原点の意味を探ってみたいと思ったのです。
 私は、映画の準備に取り掛かりました。「映画製作協力のお願い」のパンフレットを作り、これまでの映画つくりと同様、広く、賛同者を募りながら、2010年11月7日、クランクインしました。その途中、2011年3月12日には新潟・長野県境地震が発生しました。友人たちも被害を受け苦境に追い込まれました。その回復の過程が映画に滑り込みました。茅葺や農作業でも、「新たな結い」といってもよいような相互扶助が描かれました。また、世代を超えた「受け継ぐ」形が写り込みました。
私は映画を作る意味、生きる意味を考えながら撮影を進めて参りました。
 
 この映画が、人が仲間や自然とともに生きる苦しみと悲しみと喜びを描き、登場してくれた人々や、映画を見る人々に、「明日の希望」をささげてほしいと願っております。
 
2015年3月吉日
「風の波紋」監督:小林茂

9月17日(土)開会式タイムスケジュール

9月17日(土)開会式 タイムスケジュール
               
9時30分~開会あいさつ(2分くらい)
                 
9時32分~ロマンダムールコンサート(10分くらい)
          
9時42分~小林茂監督トーク
                     
※「風の波紋」上映後のトークはありませんのでどうぞ開会式からご参加下さい。また、トーク終了後休憩なしで「風の波紋」の上映となります。
(関矢)

「捨て看板娘」 男優賞 受賞コメント

「捨て看板娘」で男優賞を受賞しました木村知貴さんと川合元監督よりコメントがとどきました。
                                    
この度、男優賞を受賞させて頂き誠に光栄です。『捨て看板娘』は脚本を読ませて頂いた時に、どうしてもこの役は自分が演じたいと強く思った作品で、監督、キャスト、スタッフの皆であの夏真っ黒に日焼けしながら撮影出来た事が僕にとってかけがえのない時間でした。
今後もこの受賞を糧に精進していこうと思います。
木村知貴
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
完成後、「所詮脚本止まりなのかな?」と、自暴自棄になりかけてました。そんな時も木村さんは絶えず声をかけてくれました。この作品の「種火」を最後まで絶やさず、灯し続けていてくれた人こそ、木村知貴という男です。受賞の決め手となった動作・しぐさ・まなざし・台詞全て、一切わたくしの演出はありません。全て、彼の内面や人柄や生き様からにじみ出たものです。このたびはこのような素敵な賞をありがとうございます! そして木村さん本当におめでとう!! またみんなで呑みましょう!!!
川合元

「君のとなりで」 女優賞受賞コメント

「君のとなりで」で女優賞を受賞しました津田絵理奈さんと望月亜実監督よりコメントが届きました。                          
津田絵理奈さんからのコメントです。
「まさか自分が女優賞をいただけるとは思いもよらず、今でも信じられません。劇中はほぼ2人だけの出演で、全編通して手話でのやり取り、電車に乗って山へ向かい、登山シーンでは崖から滑落した相手の俳優さんを救助するシーンがあったりとハードな撮影ではありましたが、監督さんやスタッフさんのお陰様で、楽しくリラックスしながら乗り切ることができました。この度は本当に有難うございました!」
望月亜実監督からのコメントです。
「初監督作品で、女優賞と言う素敵な賞を頂けて、独りよがりになりがちな監督業でも、誰かのためになった事が何より嬉しく
思います。このような賞を頂けた事、スタッフの方や審査員の方に感謝申し上げます。本当にありがとうございました」

「瓜二つ」 監督賞 山川智輝監督受賞のコメント

「瓜二つ」で監督賞を受賞した山川智輝監督よりコメントが届きました。監督賞を頂き、とても嬉しいです。
『瓜二つ』の脚本は、当て書きしたもので、出演者の2人がいなければ始まらなかった映画です。
大変感謝しています。ありがとうございます。

「千里 翔べ」 奨励賞 堀河洋平監督受賞コメント

この度は“奨励賞”をいただきまして、誠にありがとうございます。
脳性まひの少年がドキュメンタリーではなく、ファンタジー作品で主役を務めました。
こういった前例のない新しいチャレンジを応援していただきました、長岡の友達に感謝しております。

LOVE 長岡!!

堀河洋平

「田吾作どんのいる村」 HPです

猪浦直樹監督作「田吾作どんのいる村」ホームページです。https://m.facebook.com/tagosakudon/…

「ヤクダケどんど」 奨励賞 西条由宇監督受賞コメント

一昨年の『萬重村の王様』に続き、2回目の栄誉をいただきまして誠にありがとうございました。新潟のコンペティションにおいて、新潟産の『ヤクダケどんど』が選ばれたことを嬉しく思います。自主映画だからこそできる・私だからこそできるオモシロイコトを追求し続けていきます!まだまだ進化!
フィルムコミッションごせん様をはじめ、関係者の皆様に感謝申し上げます。

https://youtu.be/PmJ6lWVvcS0

「弱者よ踊れ」 審査員特別賞 安楽涼監督コメント

受賞コメント

凄く喜びました。岡山県で「踊る」ってだけ決めて。自分で自分を撮り続け、iPhoneのボイスレコーダーに向かって喋り続け、5月のどうしようもなかった自分を残しました。
でも、1番嬉しかった事は結果が出た日の夜、友達が大量の焼鳥持って僕の家の前に走ってきた事です。あんな夜がまた来たら良いなと思います。まだまだ頑張れそうです。
監督:安楽涼

ワールドプレミア上映 映画「花火」 ゲスト発表

9月19日(月・祝)11時50分~「花火」上映
上映後のゲストをご紹介します。

女優     千賀ゆう子
       眞嶋優
       階戸瑠李
俳優     加藤慶祐
阿武勇輝
       本庄司
監督     ナシモトタオ
(敬称略)
尚、9月7日現在の予定です。
(関矢)

「田吾作どんのいる村」 撮影賞 受賞のコメント2

「田吾作どんのいる村」 撮影賞 寺田さんの後を引き継いで、
冬編を撮影してくれた
芳賀俊さんからも、コメント頂きました。
「新潟の美しい風景を尊敬する寺田さんと一緒に切り取れた事を誇りに思います。 寺田さんの受賞、心から嬉しく思ってます。」

「田吾作どんのいる村」 撮影賞 受賞のコメント

寺田緑郎氏の奥様、明子様より、コメント頂きました。

「長期に渡り素晴らしいロケ地で撮影でき、楽しかったのではないかと思います。 今回の受賞、さぞかし、喜んでいることと思います!」

「田吾作どんのいる村」30秒の予告編は下記にてご覧いただけます。

https://youtu.be/J2H9uknNGXA
(関矢)

「スリッパと真夏の月」 木場明義監督 受賞のコメント

「昨年の『さよならファンタジー』に続き、奇跡の2年連続準グランプリという栄誉をいただき、誠にありがとうございます!長年何度もくじけながらも自分の作りたい作品を作り続け、それがようやく認めていただけたと嬉しく思っております。たくさんの人が驚き、ワクワクしながら楽しめるエンターテイメント作品を目指してこれからも作品を作り続けたいと思っております!これから先に作られる僕の作品にもどうか注目していてくださいませ!」

以上 木場監督よりメッセージをいただきました。(関矢)

9月19日(月・祝)長岡インディーズ上映等スケジュールについて

お待たせいたしました。
9月19日(月・祝) 17時20分~ 第18回長岡インディーズムービーコンペティション上映と授賞式スケジュールです。
17時20分~ あいさつ(総評)
17時25分~ 春を殺して (27分 ・ 監督:森田和樹) 座C!nema賞受賞
17時55分~ 弱者よ踊れ (8分 ・ 監督:安楽涼) 審査員特別賞受賞
18時05分~ サヨナラ、いっさい (9分 ・ 監督:渡邉高章) 審査員特別賞受賞
18時15分~ 瓜二つ  (14分 ・ 監督:山川智輝) 監督賞受賞
18時30分~ デイ・ドリーム  (16分 ・ 監督:佐藤安稀) 準グランプリ受賞
18時47分~ スリッパと真夏の月  (30分 ・ 監督:木場明) 準グランプリ受賞
※上映時間は多少前後する場合もありますので余裕を持って御着席願います。休憩はありません。お子様でもご覧いただける内容です。

引続き授賞式 19時17分~     
賞状授与  
準グランプリ  スリッパと真夏の月  監督:木場明義 様
準グランプリ  デイ・ドリーム      監督:佐藤安稀 様
監督賞      瓜二つ          監督:山川智輝 様
審査員特別賞 サヨナラ、いっさい   監督:渡邉高章 様
審査員特別賞 弱者よ踊れ       監督:安楽涼   様
座C!nema賞  春を殺して        監督:森田和樹 様
奨励賞     ヤクダケどんど     監督:西条由宇 様
撮影賞     寺田緑郎(JSC)    田吾作どんのいる村 監督:猪浦直樹 様
男優賞     木村知貴        捨て看板娘 監督:川合元
(司会が上記の順番で全員のお名前を呼びますので会場からステージにお上がりください。スタッフ、俳優の方もいっしょにどうぞ。)
受賞者コメント 順番に一言づつお願いいたします。
ゲスト 評
記念写真
19時40分 終了予定  
20時過ぎより 別会場にて交流会(有料)があります。詳しくはお問い合わせください。
お詫び 捨て看板娘 監督:川合元様を追加いたしました。こちらの不手際です。申し訳ありませんでした。
関矢
 

『ディストラクション・ベイビーズ』 シネウインド


お待たせしました! いよいよ今週末から『ディストラクション・ベイビーズ』新潟公開スタート。1週目の上映は次の通りです。

9/10(土)~9/16(金) 14:50~16:50 & 19:05~21:05

ご来館お待ちしています。

『ディストラクション・ベイビーズ』公式サイト http://distraction-babies.com/
以上 シネウインド フェイスブックより
ご確認のうえお出かけ下さい。
関矢

あまくない砂糖の話 の話し

映画「あまくない砂糖の話」は良く作られている。上手く作られてもいるが良心を持って良く作られている。
うむ、そうか、なるほどの連続である。ついつい影響を受けて実践しているがはなはだキツイものである。砂糖への欲求はつのるばかりであるのだ。コーラを水に替えフリーを麦茶にかえているのだがいつまで続けられるのか?
9月17日(土)14時50分~ 長岡リリックホールにて フリー券は当日でも3,500円で会場にて販売しております。お得なフリー券を是非ご購入下さい。ことしからフリー券の方は入場しやすくなりました。
関矢

林海象監督からのメッセージ

林海象監督からのメッセージ
ながおか映画祭公式HP(下記)にて公開中です。
http://nagaokafilmfes.jpn.org
関矢

映画祭PRビデオ

ながおか映画祭公式HP(下記)にて公開中です。
http://nagaokafilmfes.jpn.org
関矢
尚、近日林海象監督からのメッセージも公開予定です。

フリー券に特典がつきましたのでお勧めです

今年からフリー券に特典がつきました。入場口にフリー券専用レーンを設けることとなりました。一回券の方のレーンとフリー券の方のレーンを分けることによりフリー券を持っているかたがいままでよりスムーズにご入場できるようにいたします。(入場者が少人数の時は昨年通りとなることもあるかも知れませんが。)混雑時や続けて観る時により好きな席で観ることが可能になると思います。ということでフリー券をお勧めいたします。
関矢
プロフィール

コミュニティシネマ長岡

Author:コミュニティシネマ長岡
新潟県長岡市にて《ながおか映画祭》と《長岡インディーズムービーコンペティション》を主催しているコミュニティシネマ長岡のスタッフブログです。

ながおか映画祭公式HP
http://nagaokafilmfes.jpn.org/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。