スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Katsuhide Yamago様よりメッセージ

「社畜ゾンビ」監督のKatsuhide Yamago様よりメッセージが届きましたのでご紹介いたします。
「選んでいただき光栄です。体を張った井上さんの苦労が報われたと思います。そして
ひとりでも多くのブラック企業に仕える社畜の方々、おじさんの生き様をバカにしてい
る多くの若者に観て欲しいです。サラリーマンって凄いんだぞ!」予告編
https://youtu.be/gCg7wDSnkkw
スポンサーサイト

第19回長岡インディーズムービーコンペティション結果発表(2017・H29)

第19回長岡インディーズムービーコンペティション結果発表(2017・H29)
8月27日(日)10時00分より座C!nemaにて第19回長岡インディーズムービーコンペティションの最終選考が行われました。応募・エントリーのあった81作品の内第一次審査を通過した10作品より井上朗子(にいがた映画塾運営委員)を審査委員長とする9名により厳正な審査を行い賞を決定いたしました。尚、座C!nema賞は長岡造形大学の学生の皆様より選んでいただきました。
グランプリ
・ わたしが発芽する日  2016年  監督:野本梢 (30才、埼玉県)
準グランプリ(2作品)
・ 水平線の感覚      2016年  監督: Kim Seojin (25才、 Seoul , South of Korea)
・ 風下の歌、川上の虹  2017年  監督: 伊東知剛 (31才、 東京都)
審査員特別賞
・ 離れても離れてもまだ眠ることを知らない 2017年  監督: 霞翔太 (27才、 東京都)
・ 寒い夜は、キンに輝く  2017年  監督: 安楽涼 (26才、 東京都)
監督賞
・ 海へ行くつもりじゃなかった  2016年  監督: 磯部鉄平(38才、 大阪府)
座C!nema賞
・ 海へ行くつもりじゃなかった  2016年  監督: 磯部鉄平(38才、 大阪府)
女優賞
平 佐喜子  「この暁にのぞむ  2017年 監督: 小池俊介 (38才、 東京都)」
男優賞
 井上 勝馬   「社畜ゾンビ  2017年 監督: Katsuhide Yamago (42才、 東京都)」
※残念ながら受賞にはいたりませんでしたがLacuna 2016年 監督:松本仁志(24才、大阪府)、
鳴く音な添へそ 2017年 監督:久保裕章(40才、東京都)の2作品も第1次審査を通過しております。

※9月17日(日)19時00分よりのプログラムの中で授賞式を行います。尚、プログラム時間の都合上全ての
受賞作品を上映することが出来ませんのでグランプリ、準グランプリ、審査員特別賞、監督賞、座C!nema賞の中から原則的に上映作品を決定します。後日公式HP等で告知いたします。

審査委員長:井上朗子(にいがた映画塾運営委員)  
審査員(ゲスト):ナシモトタオ(映画監督)、ビューラ・ヨールグ(長岡造形大学教授)、
市川栄(にいがた国際映画祭 実行委員長)、永井美津子(同 副実行委員長)
審査員:関矢茂信(コミュニティシネマ長岡会長)、大山孝彦、他2名


皆様へ 
たくさんのご応募(81作品)誠にありがとうございました。本年も更にクオリティが高い作品で全てに個性がありました。残念ながら受賞できなかった方の作品もすべてすばらしい映画でした。次回も期待いたします。   ささやかな参加賞ですがこの手紙をご持参いただければ開催期間中ご使用いただけますフリー券を会場にて差し上げます。映画祭へのご来場をお待ちしております。(県外の方は同行者様の分もお渡しいたします。)

明日 映画祭ミーティング

明日8月29日(火)19時~アオーレ3階市民協働ロビーにて映画祭ミィーティングを行います。映画祭ボランティアに興味ある方はどうぞお越し下さい。

第19回長岡インディーズムービーコンペティション結果発表

受賞作品を発表をいたします。グランプリ わたしが発芽する日 準グランプリ 水平線の感覚 準グランプリ 風下の歌、川上の虹 監督賞 海へ行くつもりじゃなかった 座シネマ賞 海へ行くつもりじゃなかった 審査員特別賞 離れても離れてもまだ眠ることを知らない 審査員特別賞 寒い夜は、キンに輝く 男優賞 井上勝馬(社畜ゾンビ) 女優賞 平左喜子(この暁にのぞむ) 以上 おめでとうございます。尚、映画祭での上映作品は決定次第発表いたします。(関矢)

速報 インディーズ最終審査会へ選出された10作品

速報 インディーズ最終審査会へ選出された10作品です。応募順に「海へ行くつもりじゃなかった」(磯部鉄平)「社畜ゾンビ」(Katsuhide
Yamago)「離れても離れてもまだ眠ることを知らない」(霞翔太)「Lacuna」(松本仁志)「水平線の感覚」(Kim Seojin)「風下の歌、川上の虹」(伊東知剛)「わたしが発芽する日」(野本梢)「この暁にのぞむ」(小池俊介)「寒い夜は、キンに輝く」(安楽涼)「鳴く音な添へそ」(久保裕章)以上10作品です。
関矢

ゲスト変更のお知らせ

映画ファンの皆様へ
ゲストが変更になりました。下記の通りです。よろしくお願いします。
9/15(金)は「風の波紋」上映後、天野季子さんによるミニライブ
9/16(土)は「風の波紋」上映後、小林茂監督によるトーク+天野季子さんによるライブ
9/15(金)「息の跡」の舞台挨拶はなくなりました。映画のみの上映となります。
※小林茂監督、小森はるか監督の来場は9月16日(土)となります。
関矢

明日 最終審査会への作品決定

第19回長岡インディーズムービーコンペティション最終審査会への作品選出を8月23日(水)の夜に行います。決まりましたらこちらで公開いたします。なお、最終審査会は8月27日(日)10時より(9時30分集合)長岡市大手通りにあります座C!nemaにて公開で行います。観客としてご覧いただけますので映画ファンの方はどうぞお越しください。終了は17時30分を予定しております。映画祭の前売券も販売します。この機会にどうぞ。
ながおか映画祭フェイスブックでの発表が一番早くなる予定です。
関矢

JAPAN LOVE ゲスト決定

9月16日(土) JAPAN LOVE のゲストが決定いたしました。監督・主演のボビー・オロゴンさん、出演・主題歌のニコラス・エドワースさん、そして、広城京典さんです。お楽しみに。
関矢

「JAPAN LOVE」上映に関するご質問 2 への回答

「JAPAN LOVE」上映に関するご質問2への回答です。
お問い合わせありがとうございます。
この世界の片隅に 終了予定が11時9分です。お客様には全員会場からロビーに出ていただきます。各回入れ改正の為。スタッフにより忘れ物、簡単にゴミ拾いを行い、11時20分~25分の間くらいから入場を開始します。
なお、当日は8時40分よりJAPAN LOVE入場整理券を配布いたしますので整理番号順にご入場いただきます。お一人様4枚整理券をお出しします。この世界の片隅に上映中に整理番号順にならんでいただきこの世界の片隅にをご覧になった方が列にならばれてから番号順にご入場いただきます。
なお、通常の回はフリー券は専用レーンでご入場いただけるのですがJAPAN LOVEに関しては整理券番号順となります。
ながおか映画祭 主催 コミュニティシネマ長岡

「JAPAN LOVE」上映に関するご質問 1 への回答

「JAPAN LOVE」上映に関するご質問への回答です。
お問い合わせありがとうございます。
今回はプレゼントボックスのご用意はございませんのでご理解をお願いいたします。
募金については、市民が非営利で運営しているながおか映画祭を来年も開催できるようご協力いただくための募金箱でしたら設置予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。
ながおか映画祭主催 コミュニティシネマ一同

男たちの挽歌2

英雄本色Ⅱ
を久しぶりに観ました。秋公開のキングスマン2の予習?です。第1作で亡くなったマークの双子の弟ケンが登場し活躍するという無謀さに当時は笑ったものでしたが演ずるチョウ・ユンファの笑顔を見るといないわけにはいかないとすべての人が納得の存在感がありました。(キングスマン2ももちろん帰って来るようです。)そして、レスリー・チャンはあの時すでにジェームス・ディーンの域に達していたんだなと今回観ていて思いました。プロデューサーのツイ・ハークと監督のジョン・ウーのコンビは今観ても色あせない。映画が娯楽の王様であることを観て感じました。映画はやっぱりおもいしろいです。そんな映画がそろった映画祭は9月15日(金)~17日(日)です。
人魚姫にはツイ・ハークもゲスト出演しています。お楽しみに。関矢

映画祭作品紹介 人魚姫

人魚姫 予告編は下記でご覧いただけます。
https://youtu.be/q557UaFZJuM
映画の王様 喜劇王 チャウシンチー監督作品
香港映画ファンの方 ご来場お待ちしております。
関矢

映画祭チケット予約開始

ながおか映画祭公式サイトでチケット予約が始まりました。
http://nagaokafilmfes.jpn.org/ticket/
関矢

第10回シューレ大学国際映画祭のご案内

第10回シューレ大学国際映画祭のご案内

生きることがより難しくなっているこの社会で、「生きたいように生きる」とい
う趣旨の表現を国内外から集め、上映している映画祭です。立ち上げからドキュ
メンタリーの巨匠・原一男監督に関わっていただいており、「映画作家の登竜門
的映画祭」と言っていただいている映画祭です。

第10回シューレ大学国際映画祭「生きたいように生きる」
2017年8月25日(金)~27日(日)於:シューレ大学特設シアター
http://shureuniv.org/filmfes/

映画祭も今年でとうとう10回目となりました。
「生きたいように生きる」と銘打っての作品公募と上映を、10年続けてきたその
歩みを思い、次へとつなげていく節目となることを意識して、

■映画祭当初から審査員・アドバイザーとして関わってきて下さった原一男監督
による記念講演
「生きたいように生きる」と今日の映像表現(8月27日(日)14時)

■オープンディスカッション
「映像表現で生きたいように生きるにはどうすればいいのか」(8月27日
(日)15時30分)

を開催します。

また、劇団山の手事情社による演劇とシューレ大学制作映像のコラボによる「班
女」の公演や、過去の上映作の中でも秀逸だった作品の上映や特別トークなど、
10回を記念する様々な企画も注目です。

いつものように、カフェコーナーや最終日には交流パーティもあり、「出会える
映画祭」を楽しんで頂ける企画になっています。

暑い夏ですが、そんな時こそ、映画やトークを楽しみませんか。

ぜひ、足をお運び下さい。


以上、ご案内申し上げます。

よろしくお願い致します。

NPO法人東京シューレ
シューレ大学

以上 東京シューレ大学様よりメールをいただきましたので掲載します。
ご確認の上おでかけください。
関矢

にいがた、いっぽ

「にいがた、いっぽ」にて「アケルナル」のクラウドファインディングが始まりました。
https://n-ippo.jp/
関矢

映画祭チケット発売開始

第22回ながおか映画祭のチケット販売が開始されました。
イオン長岡店、文信堂、雑本堂、アオーレ3階市民協働センター(長岡市)、新潟シネウインド(新潟市)
ほか順次販売を開始いたします。よろしくお願いします。
関矢
プロフィール

コミュニティシネマ長岡

Author:コミュニティシネマ長岡
新潟県長岡市にて《ながおか映画祭》と《長岡インディーズムービーコンペティション》を主催しているコミュニティシネマ長岡のスタッフブログです。

ながおか映画祭公式HP
http://nagaokafilmfes.jpn.org/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。