FC2ブログ

サウルの息子 作品紹介7

9月19日(月・祝) 9時40分より上映

サウルの息子
2015年 / ハンガリー / カラー / 107分 / BD

監督・脚本 ネメシュ・ラースロー
出演 ルーリグ・ゲーザ、 モルナール・レヴェンテ
配給 ファインフィルムズ

イントロダクション
2015年のカンヌ国際映画祭のコンペ部門で、ある無名の新人監督の作品が上映されると、場内は異様な興奮に包まれた。その衝撃は瞬く間に映画ジャーナリストたちの間に伝わり、その卓越した撮影法と演出により、長篇デビュー作にして見事カンヌのグランプリを獲得するという異例の快挙を成し遂げた。その新鋭監督とは『ニーチェの馬』で知られる名匠タル・ベーラの助監督をしていた38歳のハンガリー出身のネメシュ・ラースロー。強制収容所に送り込まれたユダヤ人が辿る過酷な運命を、同胞をガス室に送り込む任務につく主人公サウルに焦点を当て、サウルが見たであろう痛ましい惨劇を見る者に想像させながら描く。これまでの映画で描かれた事の無いほどリアルなホロコーストの惨状と、極限状態におかれてもなお、息子を正しく埋葬することにより、最後まで人間としての尊厳を貫き通そうとした、一人のユダヤ人の二日間を描いた感動作。

ストーリー
1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊のことである。彼らはそこで生き
延びるためには、人間としての感情を押し殺すしか術が無い。
公式サイトは下記です
http://www.finefilms.co.jp/saul/

是非ご覧ください。
関矢
スポンサーサイト



| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック URL

トラックバック

プロフィール

コミュニティシネマ長岡

Author:コミュニティシネマ長岡
新潟県長岡市にて《ながおか映画祭》と《長岡インディーズムービーコンペティション》を主催しているコミュニティシネマ長岡のスタッフブログです。

ながおか映画祭公式HP
http://nagaokafilmfes.jpn.org/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

第17回ながおか映画祭 (21)
第14回長岡インディーズムービーコンペティション (12)
上映作品紹介 (7)
映画祭運営 (8)
コミュニティシネマ長岡 (1)
スタッフ紹介 (0)
DVD/書籍 (2)
長岡散策 (2)
その他 (674)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR