FC2ブログ

風の波紋 作品紹介8

9月17日(土) 開会式 9時30分~10時10分 ①ロマンダムールコンサート(10分)
                              ②小林茂監督トーク(30分)
         引続き 10時10分~ 映画「風の波紋」上映  ※開会式からのご入場をお勧めいたします。

9月18日(日)     16時10分~ 映画「風の波紋」上映
         引続き 17時49分~ 対談、ほか。対談(鼎談)は林海象。小森はるか、瀬尾夏美。ほかを予定しております。
                        対談(鼎談)後にはいよいよ冥土連の皆さん、他が登場いたします。何が起こるか乞う
                        ご期待ください。
尚、両日ともに バリアフリー版(日本語字幕付き)での上映です。

作品概要

長野県境に近い新潟県の豪雪地帯の山村が舞台。10年前に古民家へ移住した木暮茂夫・孝恵子さん夫妻は茅葺の家を直し、有機無農薬で米を作り生活してきた。木暮さんを中心に、昔からそこで生きてきた村人の生活や自然や「新たな結い」といってもよいような相互扶助が描かれる。また、世代を超えた「受け継ぐ」形が写り込む。
2011年3月12日の長野・新潟県境地震が発生。取り壊される古民家。移転する人々。木暮さんの家も全壊するが、再建を決意する。毎年の農作業も始まった。
一風変わった<寸劇的演出>を取り入れ、不可思議な映画世界を表出する。


監督略歴

1954年新潟県生まれ。「阿賀に生きる」(佐藤真監督)の撮影により日本映画撮影監督協会第1回JSC賞を受賞。同映画は93年山形国際ドキュメンタリー映画祭優秀賞をはじめフランス・ベルフォール映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞など、世界各国で多くの賞を受賞。監督作品として、障がい児もあそぶ学童保育所三部作「こどものそら」、重度障がい者の自立生活を描いた「ちょっと青空」、重症心身障がい者の世界「わたしの季節」(毎日映画コンクール記録文化映画賞、文化庁映画大賞ほか受賞)、ケニアのストリートチルドレンの思春期を描いた「チョコラ!」など。作品が全国公開され反響を呼ぶ。著書に「ぼくたちは生きているのだ」(岩波ジュニア新書)など多数。脳梗塞や透析治療という病気をかかえながら新たなドキュメンタリー映画世界に挑んでいる。新潟県長岡市在住。

関矢
スポンサーサイト



| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック URL

トラックバック

プロフィール

コミュニティシネマ長岡

Author:コミュニティシネマ長岡
新潟県長岡市にて《ながおか映画祭》と《長岡インディーズムービーコンペティション》を主催しているコミュニティシネマ長岡のスタッフブログです。

ながおか映画祭公式HP
http://nagaokafilmfes.jpn.org/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

第17回ながおか映画祭 (21)
第14回長岡インディーズムービーコンペティション (12)
上映作品紹介 (7)
映画祭運営 (8)
コミュニティシネマ長岡 (1)
スタッフ紹介 (0)
DVD/書籍 (2)
長岡散策 (2)
その他 (674)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR