FC2ブログ

第20回長岡インディーズ 事前審査評 関矢審査員

第20回長岡インディーズムービーコンペティション審査評 関矢茂信

1. インスタ・クイーン  羽賀慎一郎監督
友情をもっと伝えられたのではないか?観た後に友達と話しができる映画にもっとなるのではないか。テーマは良かったです。

 2.カップケーキ  ジャン・ダーウェイ監督
   もっとも親切な人がひどい目にあうのか。闇は深い。後味は悪いがほんとに後味
   が悪くなるくらい良くできた作品である。

 3.彼女が病になったわけ  蒲生映与監督
   被害者、弱者、コールセンターとこのような関係が気が付かないところで自分の
   周りでもあるのかも知れない。

 4.シンデレラのさえずりを聞け  中野森監督
   素直でいい映画でした。映画館で上映してもおかしくないストーリーでした。

 5.僧の怒りに鬼の笑顔  芹沢塁監督
   物語の途中まででは難しい。

 6.GIRLS NIGHT OUT  泉原航一監督
   東京で成功することが幸せなのか疑問に思います。夢を求めるストーリーで男が
   出てこなかったのは良かったです。

 7.AYESHA  小原正至監督
   かわいらしくて悲しくて。人に伝えることが出来ないと分かって怖くなったと
   言う言葉がよかった。ナレーションだけなのは設定がそうなのかも知れない。し
   かしセリフがあったらもっとよかった。

 8.蝉  上中淳監督
   上中さん独特の世界が観れました。いつもより大人しい感じがしました。

 9.一杯のモヒンガー  北角裕樹監督
   面白さ満杯の映画でした。


10.えんむすび  河村永徳監督
   男もいつか飛び立たなくてはいけない。完成された映画です。

11.あの日の伝言  遠藤健一監督
   父危篤なのに自分のファッションに気を使えるのかと疑問に思えたところで入
   り込めなかった。しかし、父と息子、母、兄弟の関係を描こうとしたところは
   素晴らしい。

12.インディゴチルドレン  竹本祥乃監督
   ありうる話しなんだろう。結末は望みがあった。

13.Arcadia Yoshino Takemoto監督
   いろんなことを盛り込み過ぎていたような気がします。もっと絞ってよかった
   のではないかと思います。

14.君が夢みる地平  竹本祥乃監督
   何かがずれているように観えました。映画にはなっているのですが。

15.Sparkle  Katsuhide Yamago監督
   よくわからなかったが見ごたえありました。

16.予定は未定  磯部鉄平監督
   始まってすぐに引き込まれたし、走るのは青春の象徴だ。でも、結局何なんだろ
   う。おしい。

17.公衆電話  松本動監督
   とても良い関係の親子である。幸せな家族なんだと思います。映像から溢れて
   いました。

18.GIRLS TALK  宇佐美 透監督
   日本語の方がおもしろくなったような気がします。

19.眠れない夜に  山川智輝監督
   うまいがそこまでか?奮起を期待します。


20.蝉の声無し  山崎あかね監督
   強引な展開で入り込めなかった。無理に物語を作らなくてもよい映画を撮れる監
   督であると思います。

21.ほろにがくあまく  土江昌輔監督
   短い時間だがじっくり観れる作品である。

22.犯人はセーラー服  繁田健治監督
   確かに制服イコールセーラー服ではないが忍者の衣装ではもっとない。

23.未来の欠片、昨日の永遠  MOMO監督
   どうも学校の屋上に観えませんでした。テーマは良かったです。真剣な映画でし
   た。

24.ぼくのゆうき  高嶋義明監督
   ブラック、笑っていいのかなァ。

25.老ナルキソス  東海林毅監督
   笑えたし面白かったがもっとスッキリできなかったか?しかし、東海林監督に
   は型があってよい。その型を破るともっとよい。型破りだ。

26.声  串田壮史監督
   木や葉っぱが影となるところはきれいである。無言であるのは不自然である。

27.Repeat After Me  渋谷 悠監督
   女性との関係がみえて来ませんでした。これからでも上手く伝わる気がしまし
   た。
28.みーちゃん  渋谷悠監督
   演劇であれば素晴らしい作品。

29.Just One Look -ひと目だけでもー  渋谷悠監督
   映画を観た後にどちらに共感できるのか話ができるだろう。

30.祭りのあと  渡辺和徳監督
   神楽舞がよかっただけに女学生が現れる物語が安易に観えました。妻が亡くなっ
   悲しみは計り知れませんが息子夫婦がいることは幸せです。
31.あちさん  佐藤祐介監督
   ひとつひとつは可能性があった。言葉が足りないのか?次回に期待。
32.カップル撲滅計画  植田中監督
   おもしろかったです。もっとおもしろくなったような気もします。

33.七曲ブルース  木川剛志監督
   木川監督の映画、街、落語にたいする愛情がほとばしる作品でした。特に映画
   と人を信じる心に共感しました。

34.ギタアと潮騒とカセットテープ  緒川清市監督
   役者と声優を別にすることは映画ではあります。よい映画でした。

35.オーロラ・グローリー  永岡俊幸監督
   全体的にかわいらしい映画でした。

36.よしみのよしみ  西条由字監督
   グダグダインディーズだがいつもは少し切なさがあった気がします。

37.漂流ポスト  清水健斗監督
   二人の関係の親密さがあまり伝わってきませんでした。このような映画を製作
   することは大変意義深いと思います。上映の輪が広まります様に。

38.東京、吐息、自死  堀井 彩監督
   このような出来事は実際にもあるかも知れない。折角生まれた命、東京でいきづ
   まったら地方に来ても良い時代になったと思います。米澤さんの演技は魅力的で
した。

39.RICE BALL  大石結介監督
   気持ちはわかるのですがコンビニ弁当を食べてしまうだろうなと思ってしまい
   作品にのめり込むことが出来ませんでした。確かに味は違うんですよね。

40.サマーレコード  柴口 勲監督
   父と娘が観覧車に乗るシーンがよかった。いっしょに乗れる父は幸せだ。

41.つれない男  小川貴之監督
   仕事をしないで釣りをしている割にすごい豪邸に住んでいる。実はよっぽど
   出来る男かも知れないが行動は妻に把握されている。コメディというよりこ
   れもホラーか?

42.幸福の目  河内 彰監督
   後半の夜のシーン10分くらいほとんど見えない為内容がわかりませんでした。
   ラストは良かったです。

43.川下の渦  長嶺将希監督
   W.シェークスピアが好きな二人が最初に出会っていればうまくいったのだろう
   か?

44.なみぎわ  常間地 裕監督
   意欲的な作品。二人の高校生と家族、大人、街との関わりをしっかり考えて
   描いている。市役所の人の対応など細かいところで調査不足のとこはあるが
   映画として完成している。

45.dear Tokyo  堀井綾香監督
   最後の会話を聞いているとふたりとも出来る人に思えます。大丈夫です。

46.毒毒夫婦  武田正章監督
   楽しめる映画でした。牛乳かぁ~。

47.飛んで火にいる  篠原トオル監督
   役者が集まって自分たちで映画を撮るという試みは素晴らしい。今後も期待。

48.君がいない6月  小野光洋監督
   映画愛にあふれる作品でした。

49.コメディ  高山康平監督
   役者が違うとここまで魅せることが出来るんですね。笑いました。

50.ぼくの壱番館  松永祐樹監督
   最近こういうストーリーを素直に観れない。つい色々と考えてしまいます。

51.大事な人  三宅美奈子監督
   ストーリーはつまらない。しかし、センスがある監督です。
52.夜間飛行  三宅美奈子監督
   こんなやんちゃなおじいちゃんも良いかも知れない。

53.まる。  高山直美監督
   登場人物の関係性からストーリーまですべてにハートフルでした。

54.父娘  堀越桐郎監督
   娘がカレーを作ってくれたらうれしくて泣いちゃいます。でもよかったんでは
   ないでしょうか?

55.鶴を折る仕事  太田真博監督
   なんかいいなぁーと思わせる映画でした。つながりが上手いです。

56.親友がいない  太田真博監督
   ラストはよくないが笑えるコメディーで考えつつも楽しめます。

57.Stage  太田真博監督
   淡々とした日常の中で父の病気をきっかけに関係を見つめ直そうとする主人公
   をやっぱりドライな感じで描いている。好きなタイプの映画です。

58.棘の向き  キム・テヒョン監督
   ストーリーには共感できないが作品としての完成度は並外れている。

59.Happybirthday Raymond  渡邉高章監督
   渡邉監督は「道」が大好きなんでしょう。「道」へのオマージュも感じつつ
   いままでの映画製作の集大成のような心に響く作品でした。映画を信じている。

60.何でも屋物語 元アイドルからの依頼  古川 豪監督
   コメディ+喜劇+人情をテーマに毎回製作されている。今回は二代目が活躍して
   いる。このようなシリーズ、好感がもてる。

61.犯罪者は誰だ?  
   ナレーションだけだとTVにみえてしまう。内容は事実なのでしょう。

62.東京サバドール  ふし文人監督
   はたしてラストのオチはいるのだろうか?楽しめる作品。
63.夢駆ける坂  熊崎加奈子監督
   途中が旅番組みたいに観えたところが残念。テーマはとてもよかったです。
   飛騨小坂の魅力は出てました。

64.三つの朝  根岸里紗監督
   脚本も演出もロケーションもよかった。ガソリンスタンドの男女が幸せそうな
   恋人に見えたというセリフは特によかった。

65.いきうつし  田中晴菜監督
   良くできているがストンと心に来ない。前口上はとてもよかったのに。次回に
   期待。

66.シアノス  松本 剛監督
   説明不足のように思えましたが映像に挑戦する姿勢はよいと思います。

67.雨の夜にも絶え間なくひかる  横山裕香監督
   普段の会話のままで映画までいっていない。未完成。光るところはある。

68.上々  小川徹也監督
   ありがちな話かと思いましたが母への一言で吹っ切れた。上々という言葉が劇中
   にあった方がよかったのでは?

69.本番中に彼女が来た件  かいじExp
 ラスト全てを覆った。ホラーだったのか。

70.夜の果て  佐藤安稀監督
   前半はとてもよいのだがラストがHANA-BIそのままなのはいただけない。テー
   マはとても良いし映画への取り組み方も期待できます。

71.ヒロイン 松崎まこと監督
   役者もいいのに妙に残らない。どうしたのか?

72.パンクロックベイビー  吉田麻希監督
   残念ながらラスト、パンクロックに聴こえないがストレートに心に響く作品。


73.坊ダンス  小林 舞監督
   歌を俳優とは別の上手な方にしたほうが完成度は上ってよくなったと思います。
   ミュージカルに挑戦したことはよかったです。

74.でんち  ぼんさい監督
   大人になるのだろうか?疑問に思いました。

75.Tokyo ink.  ぼんさい監督
   普通にみせている最後の方をみると、とても良いので普通に編集した方が良い映
画になったと思います。力量はある方だなと思いました。

76.花  三輪 隆監督
   昔の映像を編集した作品。なんだか懐かしい。作品として完成させたことはいろ
   いろな意味で並大抵なことではなかったと思います。インディーズ魂健在。

77・霞立つ  永井和男監督
   SNS、JK。日本の最先端をいくテーマ。でも、意外と古風なところもありまし
   た。いつの時代のドッキリ?楽しめました。

78.続・白岩さん オレは絶対に働かない  荒木夏美監督
   主人公がしゃべらないとダメです。ストーリーもこれでは笑えません。ホラーで
す。でも持っているポテンシャルは高いです。絵もいいです。次回に期待。

79.おんがえし  佐島由昭監督
   ハートフルな映画でした。

80.男の人、女の人、そうじゃない人。  佐島由昭監督
   登場人物のキャラクターがもっと練られていればよかったと思います。タイトル
   は再考が必要です。







順位
1.Happybirthday Raymond  渡邉高章監督
2.三つの朝  根岸里紗監督
3.なみぎわ  常間地 裕監督
4.パンクロックベイビー  吉田麻希監督
5.霞立つ  永井和男監督
6.コメディ  高山康平監督
7.夜間飛行  三宅美奈子監督
8.一杯のモヒンガー  北角裕樹監督
9.漂流ポスト  清水健斗監督
10.七曲ブルース  木川剛志監督

2018年8月15日(水)
関矢 茂信

スポンサーサイト



| トラックバック:0 | コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック URL

トラックバック

プロフィール

コミュニティシネマ長岡

Author:コミュニティシネマ長岡
新潟県長岡市にて《ながおか映画祭》と《長岡インディーズムービーコンペティション》を主催しているコミュニティシネマ長岡のスタッフブログです。

ながおか映画祭公式HP
http://nagaokafilmfes.jpn.org/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

第17回ながおか映画祭 (21)
第14回長岡インディーズムービーコンペティション (12)
上映作品紹介 (7)
映画祭運営 (8)
コミュニティシネマ長岡 (1)
スタッフ紹介 (0)
DVD/書籍 (2)
長岡散策 (2)
その他 (674)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR